忍者ブログ
  • 2018.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/08/17 06:26 】 |
Maya byりん
連投ごめぽ、Mayaお勉強中のりんです。

Autodesk  Inventor  Professional(綴りシラネ)で設計した今年度のロボットのコンソール。
3DCG化・w・♪

テクスチャ貼ってないですが、Inventorの3Dとは迫力が違いますね!

方法は、

Inventor→ファイル→エクスポート→CADデータ書き出し→IGESファイル保存

Maya→ファイル→インポート→保存したIGESを選択→ポリゴンモデルで入力される

ただし、プラグインのMaya Power Translators 2011がインストールされていなければいけません。公式プラグインなので互換性もバッチリ!

InventorとMayaのファイル互換もこのプラグインで解決です。ただし、アセンブリファイルの拘束やテクスチャデータは反映されないようです。

お値段は6万5000円チョイ也。

次はカメラ操作を勉強します・w・

console.jpeg
PR
【2012/03/03 00:29 】 | りんの日常 | 有り難いご意見(0)
<<ロゴ by りん | ホーム | ミニロボコン PV byりん>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>